システムエンジニアはスキルが十分に身につくと、単独でも一つの開発の仕事を最初から最後まで通せるようになります。
その程度の実力が付いたシステムエンジニアの働き方として独立してフリーランサーになる事例が増えてきました。

フリーランサーになると企業から仕事を請け負い、契約に基づいた業務を遂行することで報酬を手に入れられます。
この働き方を選ぶ目的として、しばしば挙げられるのが自由を獲得するためというものです。

システムエンジニアは企業では開発や営業の中心軸に置かれるため、忙しい日々に苛まれがちになります。
しかし、フリーランサーであれば自分で仕事を探して内容を交渉した上で請け負うので、仕事の量も時間も調節しやすくなるのが特徴です。

特に請負業務に限定して仕事をすると働く時間は自由に決められます。
委託業務の場合には企業に勤めているのと同じでオフィスに通って一定の時間は働かなければならないのがほとんどですが、請負業務の場合には成果物を納期までに完成させれば問題ないため、その責務を果たせる範囲で自分の裁量で働けるのが一般的です。

請負業務を行うには独力でシステム開発ができるスキルが必須なので、システムエンジニアとして力をつけてきた人でなければ難しいものが多くなっています。
能力的に長けていれば生計を立てるにも十分なお金を手に入れられるどころか、企業で働くよりも稼げる可能性も高いという点で魅力がある働き方として人気です。

需要の高いシステムエンジニアには様々な選択肢がありますので、自分に最も合った働き方を見つけていくことが重要です。
今後のキャリアやポジションについて考えるなら、(システムエンジニアとして活躍するには?)が参考になるでしょう。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2018 SEの脳みそ. All Rights Reserved